日経先物取引

ライブスター証券の日経先物取引

ライブスター証券(旧IDO証券)ガイド

 

先物取引とは、予め定められた期日に特定の商品を取引時点での約定価格で取引することを契約する取引のことです。大豆や小豆、とうもろこしなどでまだ収穫されていない作物を取引するのが商品取引ですが、株の世界でも価格が決まっていない未来の株式を売買する先物取引があるのです。

 

まず日経先物取引とは、将来のあらかじめ定められた日つまり満期日の日経平均株価を、現時点で取り決めた価格で売買する取引の契約を取引することです。一言で言うと日経平均株価の先物取引ということです。

 

現在の先物価格で、決済日の日経平均株価を買ったり売ったりすることができるわけです。たとえば11月物を10月10日に100,000円で購入すると、11月の満期日の日経平均株価を10月10日に100,000円で買うことになります。

 

したがって満期日に100,000円以上の値をつけていれば利益になりますし、それ以下だと損失ということになります。このような日経先物取引を主としてインターネットを通じて行っているのがIDO証券の日経先物取引です。

 

ライブスター証券株式会社は株式会社ISホールディングスの子会社で千代田区丸の内に所在する日本の証券会社です。オンライン証券に力を入れさまざまな工夫で顧客のニーズに応えています。

 

始めるのならまずIDO証券の日経先物取引からアプローチしてみてはいかがでしょうか。なおIDO証券の日経先物取引は、インターネットの画面でデモ取引が体験できるようになっています。


情報が最新とは限りませんので、必ず公式サイト内で最終確認を行って下さい。


アドセンス広告