日経先物のSPAN証拠金

日経先物のSPAN証拠金

ライブスター証券(旧IDO証券)ガイド

 

ライブスター証券で扱っている日経先物取引には、「日経225先物」と「日経225ミニ取引」の2つがあります。この2つの日経先物取引の特徴は、まず手数料の価格が業界最低価格でだということです。

 

その中でも、IDO証券が最も安く提供しています。日経225先物で420円、日経225ミニ取引になるとその十分の一の42円という安さです。

 

次に1発注での上限発注枚数が日経225先物で500枚、ミニで5000枚というこちらも業界最大水準の発注数量であります。また、発注スピードも早く世界最高峰の一つである「J-Trader」というトレードシステムを採用しており、これは業界でも最速水準のトレードシステムであります。

 

これによりに、どこよりも早く発注が出来るのであります。取引に必要な証拠金は、SPAN証拠金×110%であるので、日経先物取引の魅力の一つである高いレバちなみに「SPAN証拠金」とは、シカゴマーカンタイル(CME)取引所が1988年開発したリスクベースの証拠金計算システムのことを言います。

 

SPANの正式名称は、「The Standard Portfolio Analysis of Risk」といい、その頭文字をとって略称として使用しています。通常SPAN証拠金×○%という形で設定されています。

 

サポートの面でも大変充実しており、ライブスター証券ではフィスコのマーケティング情報などを利用して顧客をサポートしています。


情報が最新とは限りませんので、必ず公式サイト内で最終確認を行って下さい。


アドセンス広告